高校生 インターンシップ  



先日、岡崎工業高校 土木部 2年生の学生さん3名を招いてインターンシップを開催しました。

2日間で開催した今回は、まず初日はプロジェクターを用いて

建設業とはどんな職業なのか、現場監督とはどんな仕事をするのかなど、

学生さんが疑問に思っていることや、将来の職業を選択するうえで

知っておいてほしいことなどを説明しました。


そして2日目は、蒲郡で今、実際に工事をしている現場に行って、

新米現場監督として1日、生の工事を体験してもらいました。

IMG_2052.jpg

まずは自己紹介を兼ねて朝礼に参加。


IMG_2054.jpg

若手現場監督から工事概要の説明。


IMG_2057.jpg

高校で勉強しているコンクリート、現場で実施している品質試験を見学。


IMG_2063.jpg

コンクリートの打設。目の前の作業に見入っていました。


IMG_2066.jpg

午後からは測量実習。

高校で勉強しているものとは違った実際の測量作業にとても興味がある感じでした。

IMG_2071.jpg


IMG_2077.jpg

光波測距儀やレベルを実際に扱ってもらいました。


IMG_2082.jpg

そして最後に記念撮影!


今回のインターンシップの依頼が来た時、素直にうれしかったです。

何かと叩かれ役に回ることが多いこの建設業に

若い学生さんが興味をもってくれて、将来の職業の選択肢の一つに入れてくれてること、

そしてインターンシップにクロケンを選んでくれたこと。

そんな3人に対し、限られた2日間で何を知って、何を見て、何を体験してもらうか

いろいろ考えて開催させてもいました。

この2日間がどれほど3人の心に残り、将来の参考になったかはわかりませんが、

日本の建設業を担う若いチカラとして、仲間として、

将来、共に歩んでいけることを願っています。
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/02 Tue. 11:13 [edit]

category: 黒柳建設について

tb: --   cm: 0

クロケン 安全大会 開催!!  




先日、平成28年度 黒柳建設(株) 安全施工協力会 が開催され

当日は、80社以上の協力会社の皆さんにお越しいただき、盛大に開催することができました。


P1050191.jpg


昨年の7月に開催した安全大会から28年7月までの1年間、クロケンが元請となって施工した工事で

大きな事故、怪我となったものはありませんでした!!

建設会社にとって無事故・無災害はホントすばらしいことです。


28年度 安全大会は

P1050190.jpg

まずは主催者を代表として社長より挨拶。


そして

P1050192.jpg

労働基準監督署 西尾支署長 浅井様 より最近の労働災害の発生状況、傾向などの情報提供と

これからの建設業が取り組むべき事項についてのお話。


そして最後は

G-net 代表理事 秋元 祥治氏による

『組織の作り方、人の創り方』という講演です。

P1050193.jpg

秋元 祥治氏についてはこちらから↓↓↓

G-netOKa-Biz


この秋元さん、ほんと凄い人。

経歴などの詳細は省きますが、中小希望の経営アドバイスもしています。

普段、なかなか講演なども聞く機会もない協力会社の皆さんにも聞いてもらい、

これからの各社の経営の参考になればと思い、セッティングしてもらいました。

今回も目からウロコのいい話が聞けました!!


今年は、例年開催されていた安全大会に少し変化を付けてみました。

もう少し意味のあるのも、参加していただいた協力会社の方に少しでもプラスになるもの、

そんなことを目指して開催してみました。

少しは改善できたかなあ~とは思っていますが、どうだったでしょうか??

来年も意味のある安全大会にしたいと思います。


そして何よりも大切なことは、

来年の一年間もクロケンと、それに関わる協力会社の皆さんが

無事故・無災害で工事できることを心より、心より、願ってやみません。

Posted on 2016/07/11 Mon. 10:07 [edit]

category: 黒柳建設について

tb: --   cm: 0

エントランスを華やかに~!!  




下の写真が黒柳建設のエントランスです↓↓↓

IMG_1899.jpg

なかなか立派な面構えのエントランスだなぁ~と、

日頃思ってはいるのですが、少し飾りっ気がありません。

初めてクロケンを訪れるお客さんが最初に目にする場所なので、

もう少し華やかにしたいなと思っていました。

そこで少しだけ改善してみました。

↓↓↓

IMG_1894.jpg

ここ最近で表彰を受けた工事や、注目すべき工事、

クロケンの特色を表しているものをパネルにして飾ってみました。

以前と比べて華やかになりました!!

IMG_1896.jpg

↑↑↑上の写真は平成23年度に施工した中部地方整備局の局長表彰を受賞した工事のパネルです!!


IMG_1895.jpg

↑↑↑これは平成25年度の施工した名四国道事務所の事務所表彰を受賞した工事のパネル!!


IMG_1897.jpg

↑↑↑これは西尾市室場町にある保育園の新築工事のパネルです。とても立派な保育園が完成しました!!


IMG_1898.jpg

↑↑↑これは関連会社の三好倉庫の天井に設置した太陽光パネルの写真です!!


何気ない変化ですが、こういった小さなことから少しずつ改善していくことで

対内的、対外的な黒柳建設のイメージや価値が変わっていくのだと思います。

昔から続いている黒柳建設のいいとこは残し、守りつつ、

変えるべきとこはしかっりと変えて、

常に未来を見据えた前向きな気持ちで何事にも努めていきたいです!!

Posted on 2016/06/27 Mon. 12:19 [edit]

category: 黒柳建設について

tb: --   cm: 0

建設業がもたらす良い効果  




先日、中部建設青年会議 愛知支部の主催する 『意見交換会』に参加してきました。


FullSizeRender.jpg


今年で7年目を迎える意見交換会ですが、

今年は中部地方整備局から松田調整官をはじめ、

県内の国土交通省の6事務所の所長様にも参加していただき

最近の建設行政を中心とした発注者からの情報提供と、

これからの建設業がより良いものとなることを目的とした

発注者、受注者の垣根を越えた活発な意見交換会が行われました。


最近の建設行政の中で特に重要視されているテーマが

『公共事業が地域もたらす利便性、安全性、経済性に対する効果をいかに広報するか』であります。


建設業に対する世間一般からのイメージは『悪』であり、何かあるたびにマスコミにたたかれ、

悪い部分の情報だけが世間に広まっています。

しかし、公共事業が地域にもたらす効果は無限大であります。

この良い部分をいかに地域の方々、つまり納税者に知ってもらうかが重要であり、

その部分を理解していただくことが、これからの建設行政には必要であると、

多くの事務所長様が言われていました。


今の日本を見渡すと、道路のない地域、道路が無くて車でいけない場所はありません。

一方、人口過多による慢性的な道路渋滞や、

その地域の主要道路にも関わらず片側一車線しかなく、安全な対向車のそれ違いができずに

頻繁に交通事故が発生する道路や交差点、

たびたび発生する大雨により決壊の恐れがある河川など、

まだまだ多くの問題を抱えています。

それらの問題をいかにその地域に暮らす住民の皆様に知っていただき、

公共事業の必要性を理解していただき、協力していただくか、そこが重要です。


今まで流通の中心となる主要道がなかった地域にバイパスができ、

近隣の主要都市へのアクセスがしやすくなります。

すでに地価が上がっている地域に工場を建てようとしていた企業がバイパスに目を付け、

バイパスのインターの付近の地価が高くない地域に工場を建設します。

その地域に雇用が生まれます。産業ができます。人が入ってきます。

その工場から他の地域にモノが運ばれます。モノが売れます。

その代わりにお金が入ってきます。その自治体の税収が上がります。

その地域が豊かになります。住みやすい地域となります。また新しい人が入ってきます。

このように公共事業がきっかけとなり『モノ、人、お金』が循環して、地域が活性化していくことを

『ストック効果』と呼ばれていますが、この効果も最近では特に注目されています。


このような建設業の良い部分を広く発信し、重要性を、必要性を理解していただくこと、

ぜひとも進めていって欲しいですし、我々建設会社も率先して広めていくべきだと思います。


Posted on 2016/06/13 Mon. 14:24 [edit]

category: 建設業について

tb: --   cm: 0

想像したものを創造する!!  



私には『地域住民の活気ある交流と、グローバルな人材の育成』という

なんとも壮大な想いを抱いている友人がいまして、そんな想いを実現すべく彼は、

英語と中国語を母国語にしている外国の方を先生として雇って認可外保育園を経営しています。

『クローバーインターナショナルスクール』

そんな彼の念願の夢であった園舎が完成したので、新築祝いも兼ねて

建築部の若手社員を連れて見学に行ってきました。


P1030275.jpg

まずは外観。

外壁を白色に統一して、大きな楕円形の入り口、目を引く滑り台。

なんとも個性的なデザインと存在感です。


P1030279.jpg

中に入ると解放感に溢れた吹き抜けと全面ガラス張りのエントランス。


P1030280.jpg

入ってすぐに子供たちの姿が見えるのはいいですね。


P1030283.jpg

各部屋ではこんな風に英語の授業を開催。


P1030286.jpg

友人の一番のこだわりがこの骨組み。

新しい木材の中に色合いも材質も違う柱がありますが、

実はこの園舎は彼の実家を取り壊して建てました。

そして以前は実家を保育園として使用していて、その当時の思い出を残したいという考えから、

取り壊した実家の柱をこの骨組みに活用しています。

すべてにおいて友人の夢と想いが詰まった素晴らしい園舎です。


実はこの園舎を建築するにあたり、僕のところに仕事の依頼をしてくれました。

真剣に夢を追い求めている彼のために、僕はぜひ工事を請け負いたかったですが、

会社の考え、従業員の配置などにより、お断りをした経緯があります。

その時は会社の考えに納得できず、だいぶ不満を持ちましたが、しかたなくそうしました。

しかし園舎を見学させてもらった今、改めて断ったことに後悔しています。

彼の長年の想いとそれが形となった園舎、建設業の成すべき理想がそこにはありました。

創ったものを使ってくれる大勢の人たちの笑顔があふれてました。

当然、利益を出しながら仕事をしなければいけませんが、

お金では得ることのできない建設業の可能性がありました。

会社に断られた悔しさと、今回感じることができた建設業の可能性を

今後も忘れずにいようと思います。

Posted on 2016/05/24 Tue. 11:01 [edit]

category: 建設業について

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top