スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

建設会社の選び方③ 建設会社のランキング(続き)  

『建設会社のランキング』の続きを書いていきたいと思います。

では、どの役所(発注者)のランキングを調べればいいのか、

ずばり『国土交通省』です。

国土交通省が発注している工事は、それぞれの地域でインフラの中心となる

道路や河川に関する工事を発注しているため、その工事を受注している建設会社も

その地域を代表する建設会社である、と言うことができます。

なので皆さんが建設業に就職を考えているならば、

ぜひ国土交通省の工事が受注できる建設会社を選んでいただきたいです。

では、その国土交通省のランキングを説明したいと思います。


Aランク...俗にいうスーパーゼネコン。

国家規模、世界規模の工事を受注している知名度の高い建設会社。

最先端の施工技術を有し、日本各地、世界各地を飛び回り工事を受注します。

日本中に名の知れた高い知名度。


Bランク...俗にいうサブコン。

日本各地とは言えないまでも、国内の主要都市のいくつかに営業所、支店を有する建設会社。

本社がある地域が主な工事場所ですが、日本各地でも工事を行います。

本社のある県内では名の知れた会社ですが、他県に行くと知名度は低いです。


Cランク...地元に根付いた建設会社。

本社のある県内に数か所ほど営業所がある建設会社。

受注する工事のほとんどが近隣の市町村。

近隣の市町村では知名度がありますが、遠方の市に行くと低いです。


と、いう感じです。

皆さんが建設会社に就職して、

世界各地を飛び回り国家規模の工事に携わりたいと思うなら、Aランク

高い倍率のAランクには就職できないけど日本各地で工事に携わりたいならば、Bランク

自分が生まれ育った地域で、その地域のための工事に携わりたいならば、Cランク

こんな感じだと思います。

興味のある建設会社のランキングはその会社のHPやパンフレットには載ってないので、

会社説明会の時にでも聞いてみてください。

就職活動中の皆さんの参考になれば幸いです。

ちなみに当社はCランクです!!


(上記は、約15年間建設業に携わった私の経験と見聞をもとにしたものです。

人の主観により捉え方が違う場合もあります。ご理解ください。)
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/23 Mon. 18:17 [edit]

category: 建設会社の選び方

tb: --   cm: 0

施工計画書  

hanko_27.png


工事をするときは様々な書類が必要になります。

工事契約書や出来形や品質を管理、証明するもの、

安全に工事を行うために日々記録する安全書類などなどなど。

大きな工事になればなるほど書類の量も増えていき、

書類を作るために徹夜することもしばしばあります。

その書類の中で最も重要な書類が『施工計画書』です。

0217.jpg

工事の安全、品質、出来形、工程などをどのように管理し工事を進めていくのか、

そういったことが事細かに書いてあります。

これを読めば工事のすべてがわかる、だから工事のすべてを書かなければいけない!!

と、上司にいつも言われていた記憶があるような、ないような。

全部書くのは無理です====!!

Posted on 2015/02/17 Tue. 15:32 [edit]

category: 建設業について

tb: --   cm: 0

建設会社の選び方③ 建設会社のランキング  



建設会社の選び方③は『建設会社のランキング』の話をしたいと思います。

大学のキャリアセンターの担当者さんとお話をさせていただくと、

多くの生徒さんが『地元企業に就職し、転勤がなるべくない建設会社に就職したいと考えている』

という話を聞きますので、そういった学生さんの参考になればと思います。


建設会社の工事の中心は公共工事です。つまり役所から発注される工事であり、

その役所(発注者)は主に以下のようなものがあります。


国土交通省...国道や一級河川の工事の発注や維持、管理をしている。

県...県道や二級河川の工事の発注や維持、管理をしている。

市町村...市道、町道や小規模河川の工事の発注や維持、管理をしている。

農林水産省、企業庁、水利組合、土地改良区、上下水道局など...

それぞれの団体が管理している施設に関わる工事の発注や維持、管理をしています。


このようにかなりの数の発注者が様々な組織として存在しており、

その発注者が発注した工事を建設会社が受注して工事をしています。

しかし、すべての建設会社がすべての工事を受注できるわけではありません。

そこには建設会社のランキングによる大きな仕分けが存在します。

例えば、A団体(発注者)が4億円の工事を発注します。その工事の入札に参加できるのは

A団体が定めたランキングの中のAランクに位置している建設会社だけですよ、

というように明確に決められています。

その理由は、規模や金額が大きい工事になるほど建設会社の規模、技術力、経験が必要となるため

一定以下の規模の小さな建設会社が工事を受注するのを防ぐためのものです。

ランキングはその建設会社の年間受注高、利益、負債、従業員数、過去の工事実績など

多くの項目を数値化し決められるものであるため、社会的信頼度は高いです。

つまり、学生さんが『ある程度の規模の建設会社に就職したいな』、と思った時に

その建設会社のランキングを知ることで、その会社の規模や社会的地位を知ることができるのです。

長くなったので続きは次回に書きます。

Posted on 2015/02/11 Wed. 16:55 [edit]

category: 建設会社の選び方

tb: --   cm: 0

建設業の現状と課題  



先日、中部地方整備局が主催する研修会に参加してきました。

研修会の趣旨は、

『今の建設業の課題や問題点を明確にし、国がどのような取り組みでそれらの問題を解決していくか、

そして発注者、受注者が共に改善していきましょう』

そんな内容でした。

270204.jpg

以下に、主な問題点やその改善策を挙げていきます。


①公共事業関係予算の概要

リーマンショック後の景気悪化により最も落ち込んだ公共投資も2012年度から右肩上がりに転じ、

2015年度は前年度と同等の予算が確保できた。

これで、ある程度の工事件数が期待できそうです。


②労務費単価の上昇

アベノミクスによるデフレ脱却や、円滑な震災復興工事の推進、建設労働者の確保を目的に、

27年2月に新労務費単価が公表され、24年度から続いている単価の上昇がなされました。

これにより、さらなる建設業全体の活性化が期待でき、僕の給料も少しは上がるかも!


③社会保険未加入対策

建設工事に従事する末端の作業員までが、安心安全な雇用と労働条件を確保できるように

工事に関わる全ての企業が健康保険、雇用保険、厚生年金保険に加入することを目的に

今後、取り組む施策の説明。これにより建設業の健全化がなされます。

ちなみにクロケンはすべての保険に加入しています。


④元請下請間での適正な契約確保

元請と下請で交わされた契約金額が払われなかったり、一部しか払われなかったりすることが稀にあり、

そのような事案が起こった場合、どのように対処するべきか、そうならないようにするためには事前に

何をしておくかなどの対策の説明。

ちなみにクロケンは下請企業さんへしっかり支払いしてます。


⑤若年労働者の確保に向けた対策

何かとダークなイメージがあり、3Kの代表格である建設業の最大の課題が労働者確保であります。

今の日本が少子高齢化であるように建設業界も特にその傾向が強く、

どの建設会社も従業員の高齢化と若手社員の採用に頭を悩ませています。

そのための建設業のイメージアップの取り組みなどの説明でした。


大きく分けて以上のような話でした。

20年先の建設業を見据えた時に、どの課題も解決しなければいけないものばかり。

他人ごとではないですね。

建設業の未来が明るいことを願うばかりです。

いずれ機会があったら個々の課題を少し掘り下げたいと思います。

Posted on 2015/02/05 Thu. 19:25 [edit]

category: 建設業について

tb: --   cm: 0

女性の社会躍進!!  



アベノミクスの施策の一つが『女性の社会躍進』

企業の中での女性の地位、役職を高めていき、女性にとって働きやすい環境を作っていくこの施策、

建設業も他ならず多少の変化があります。

最近では『ドボジョ』なんて言葉も作られていますし。

とはいうものの、数多ある職種のうち女性躍進のハードルが最も高い職種の一つが

建設業であると思います。

夏の暑い日は服が絞れるほど汗をかきますし、日焼けで顔は真っ黒、トイレは簡易トイレ...

女性が安心して働ける環境には程遠いです。

しかし、建設現場で活躍している女性は確実に増えています。

そんな折、建設業での女性の躍進を後押しする意味も込めて、

中部建設青年会議のフォトコンテストに応募してみました。

毎年、一般の方からテーマに沿った写真を応募して表彰するこのコンテスト、

今年のテーマはズバリ『建設業で働く女性』 今の時代にピッタリ!!

これに応募するために一眼レフをぶら下げて現場を見回りましたが、

残念、現場で女性に出会うことはありませんでした。

僕は約10年間、現場監督をしてきましたが女性にあったのは

トラックの運転手をしている女性二人だけでした。

提出期日も迫ってきてしまい、苦肉の策として事務の女性に頭を下げてお願いしました。

その結果、何とか一人の事務員さんが了承してくれました。

早速、ヘルメットと作業着を着てもらい撮影開始。

思いのほか事務員さんのテンションが上がってきて、ノリノリでした!!

その結果、できた写真がこちら...

加藤さん

明るい未来の建設業を目指す、神々しい写真ができました。

加藤さん、協力ありがとうございました。金一封が出たらそのまま差し上げます。

Posted on 2015/02/02 Mon. 08:55 [edit]

category: 建設業について

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。